今日では、インターネットの発達のおかげで、すべてがオンラインになっていますよね。インターネットで食料品の買い物をし、インターネットで請求書を支払い、インターネットで服や品物を購入し、さらにはインターネットで好きな人とコミュニケーションをとることができます。しかしながら、オンラインアクティビティの発展の一側面として、「オンラインギャンブル」の台頭がしばしば見過ごされているように思われます。ギャンブラーたちは、ゲームセンターや実店舗のカジノから、インターネットゲームやオンラインカジノへとプラットフォームを移行していったのです。

デジタルマーケティングとオンラインカジノ

インターネットの普及以来、カジノもまたオンライン化されていき、オンラインカジノ市場が急速に発展しました。インターネットギャンブルは全世界のすべての管轄区域で完全に合法というわけではありませんが、何百万人ものプレイヤーがオンラインでカジノゲームをしており、世界的にみてかなり大きな規模の産業となっています。

ただ、オンラインカジノは、実店舗のカジノが採用しているような典型的な広告やマーケティング戦略を実施することができません。サービスや製品をオンラインで提供している場合、それらを宣伝する理想的な場所もオンラインであり、これこそがオンラインカジノが実践しているマーケティングです。例えば、YouTubeで動画を見たり、FacebookやInstagram、Twitterをスクロールしたりするときに、どれだけの広告が目に入るかを一度考えてみてください。数百、あるいは数千を超える人もいるのではないでしょうか?そして、それらの広告のうち、どれだけの数がオンラインカジノのものだったか覚えていますか?スマートフォンゲームの広告はいくつあったでしょうか?こうしたゲームは、無料でプレイできる場合は特に、SNSにて無数の宣伝がされていることが多く、中でも、オンラインギャンブルの広告は常にあるといっても過言ではありません。

なぜカジノにデジタルマーケティングが必要不可欠なのか?

しかしながら、一体なぜ、カジノのような昔からある伝統的な産業がデジタルマーケティングを必要としているのでしょうか?その原因は、カジノゲームのプラットフォームが、実店舗からインターネットに移り変わっていったことです。今や、自宅でパジャマを着たまま、ソファに座ってチップスやチョコレート、アイスクリームをかじりながら、簡単にカジノゲームに賭けられるというのに、誰がわざわざ着飾って家を出てギャンブルをしたいと思うのでしょうか?

実際、ギャンブル業界といえば、オンラインギャンブルが業界最大規模の分野となっています。オンラインギャンブルは、競馬を含むギャンブル市場全体の52.3%を占めており、年間43億ドルの利益を上げているのです。では、これだけ業績が好調なオンラインギャンブルに、なぜデジタルマーケティングが必要なのでしょうか?各オンラインギャンブル企業がこれほどの利益を生み出すことができているのは、実は、広告に莫大な費用を投じているからです。

公共交通機関や街中の巨大広告、新聞やラジオではなく、SNSでインターネットサービスを宣伝する目的は何だと思いますか?マーケティングの最重要ポイントは、ターゲット層に直接訴えることです。オンラインギャンブルを宣伝したい場合、ターゲットとするユーザー層は、ほぼ間違いなくインターネットのヘビーユーザーで、すでにインターネット上にいることでしょう。そこで、オンラインギャンブル企業は、デジタルマーケティングを利用して、まさにターゲット層が存在する場所、つまりインターネット上に広告を掲載するのです。

デジタルマーケティングは、ウェブサイトを検索する代わりに、リンクをクリックするだけでそこに到達できる、よりシンプルな宣伝方法であるうえ、迅速かつ簡単で、これこそ私たち現代人が求めているものなのです。一般的に、わざわざワードを入力して検索しなければならない場合は、ウェブサイトを訪問する傾向が低くなります。一方、検索の必要なしにリンクをクリックするだけであれば、はるかに簡単です。それゆえ、オンラインカジノ、ベッティング、ギャンブルには、リンクをクリックするだけでオンラインギャンブラーを魅了するデジタルマーケティングが必要不可欠なのです。意外とシンプルな仕組みですよね?