今日では、ソーシャルメディアのアルゴリズムや検索エンジンのランキングが頻繁に変更されているため、自社のコンテンツを見てもらうことはほとんど不可能に思えるかもしれません。オーガニック検索(自然検索)は、無料で間違いなく便利な方法ではありますが、お金をかけずにネット上でバズる確率はごくわずかでしょう。

アーンドメディアとオウンドメディアには、それぞれのマーケティング価値がありますが、有料のソーシャルマーケティングは、最初からトラフィックと収益を促進してくれる確実なアプローチとなります。実際、2021年時点で、Z世代の75%およびミレニアル世代の48%がソーシャルメディア広告に影響を受けている、という事実が明らかになっています。そこで今回は、ソーシャルメディアマーケティングを実行する方法を3つ紹介していきます。

1.自力で行う

広告キャンペーンを自分でするのは、以下の2つの方法と比べると、一番安価かつ簡単です。他の人に頼らずに自力で行う場合は、お好みの広告プラットフォームを選択し、キャンペーンを開始すればいいだけですからね。〈メリット〉広告キャンペーンを自力で行うことで、広告マネジメントツールや代理店手数料に費用をかけることなく、最も適した広告を選ぶためのテスト・実験にほぼすべての予算を費やすことができます。

〈デメリット〉何よりも、自分が広告主になるということは、他のタスクや仕事は後回しにして、広告だけに専念することになります。つまり、時間と献身を必要とするのです。自分が会社のオーナーである場合はなおさらですが、多忙な仕事スケジュールの中で、何時間もの時間を広告だけに費やすことは効率的でないかもしれません。

2.自動化ツールを使用する

ソーシャルメディアの広告費は、2021年に1539億7400万ドルを超えると予想されています。これを考慮すると、広告キャンペーンのマネジメントをサポートするさまざまなサードパーティソリューションがあることは驚くことではないでしょう。

〈メリット〉オンサイトの広告管理プラットフォームは必ずしもユーザーフレンドリーであるとは限りませんが、AdEspressoやRevealbotなどのサードパーティソリューションは、Facebookの広告管理プラットフォームを使用するよりもはるかに簡単に、Facebookの広告キャンペーンを最適化および評価できる場合が多いです。また、Adextなど、人工知能を使用して広告キャンペーン全体を実行する自動化システムを採用することもできます。これにより、プラットフォームが広告業務を自動で処理してくれるので、広告主は自社のそれ以外のタスクに集中することができます。

〈デメリット〉サードパーティのツールは安価であることが多いものの、余分な出費となることは確かです。また、自動化されたソフトウェアには、自社独自のマーケティングキャンペーンを行う場合と同じく、予算を投じたのに期待通りの結果が得られないというリスクが伴います。さらに、広告担当者は、広告キャンペーンの全プロセスを把握するわけではないので、どういった点で失敗しているのかを判断するのがより難しくなるでしょう。

3.広告代理店に依頼する

これはほとんどの場合、最も費用の高い選択肢となりますが、最も簡単かつ、大きな利益を得られる可能性が最も高いです。自らの知識や自動化されたソフトウェアに頼るよりも、むしろプロを雇ったほうが、所望の結果を確実に得られるでしょう。

〈メリット〉広告代理店に依頼することの最大の利点としては、その道の専門家であるので、完全に理解した人に仕事を任せられるということです。それゆえ、企業としてのマーケティング目標を達成できる可能性は大いに高いです。〈デメリット〉広告代理店に依頼することの欠点は、まともな代理店を選ばないと、成果が得られないまま、ただ費用だけを積み重ねる可能性もあるということです。